味の色どり万華(まんが)

池尻大橋の393バーガーでハンバーガーと野菜ジュースがぶ飲み!

カシィタッドめし304

「オママゴト風にバーガーが食べられるお店がサンチャのそばにあるヨ!」って話をこのブログのユーザーちゃんが教えてくれたもんだからネ、さっそくPC穴バーガーMANに作法をヤッツケで伝授してもらい、本日この頃マッハで393バーガーに向かったというわけなんだー。

ナカメのフトメちゃん、あんがとねー♪。

池尻大橋駅から3歳のお子様でもママに手を引かれてゆけたなら8分くらいで到着する可能性さえ秘めたポイントに展開するバーガーSHOPがコレ!。

目印はピクセルバーガーのカラフリー壁画!。お店の並びはどー見ても商店街なんだけど、商店街名は悲しくナシ。

マ、このイラスト有る限り当店の見落としはニャい。

11:00開店というこって11:08に到着。しかしCLOSEDカードがプ~ラプラ!。

まさか臨時休業か?!と血と汗と涙の戦慄が身体中を駆け巡る青春!。泣きぬれた目でそっと店内を覗き込めば、調理場とカウンターで活発な会話に華を咲かせる男女の一群が!。

「あのホホ…。本日はやっているのホ~?」とドア開けボクちゃん。

「へ?。えーえー。…アッ!札がクローズドになったまんまでしたネッ(爆)」

てなことで我まんまと店内に侵入せり!。そして店の奥、カウンターによってすっかり姿を消し去ることが可能な4人掛け席へと案内されたのであった。

入口入ってすぐ、右手の壁に描かれた何とも衝撃のハードロマンなバーガー野郎!。

牛脂の匂いを漂わせながら、バーガーと人類の未来永劫(えいごう)の絆について弁舌するその姿こそアッパレ!。

メニューを吟味したあと、立ち上がって厨房のオーナーに向かってオーダーを告げよーとしたその時、音もなく回り込んで来た女子が

「マ、野菜ジウスでも飲まんキャっ」

▲393バーガー

1780yen

〈フライドポテト、サラダ、BBQソース付き。野菜ジュースは飲み放題〉

見ての通りだべ。

このお店のバーガーったら、プレートにバーガーとサラダ、そして自家製BBQソースが乗っかってやってくるオマセさん。

雰囲気としてはインドカレーSHOPのワンプレート的イメージかしらネ、オホッ。オホホ。

このプレートのネーミング【393バーガー】の由来、どーやら本店笹塚の住所(笹塚3-9-3)から付けたよーだ。

これはボクちゃんの推測中の推測なのだが、もしも違うと云われたら激ショックであろーネ。

真っ先に目が行くのはバンズの焼き加減!。よーく焼かれてて焦げ炎上一歩手前。香ばしさがパティと具材を包み込んでるヨーン。

ポテトフライは固くも柔らかくもニャい。カリッともフニャッともしニャい。ひたすらポテトってることに歯を食いしばるポテトらの潔さ(いさぎよさ)見事。ミゴトでしかなヒッ。

この393パティは肉感ありだけどー、しつッこくないので肉のヘヴィー感は特に感じなヒ。

どちらかってーと季節の野菜に重点を置いたバーガーといった印象があったニャ~。

パティの上には良く焼かれたブロッコリーやナス、パプリカなどが相乗りを果たしていて、あろうことか、更にその上でアルファルファがモシャモシャッてなる。

マジか。

バーガー脇のサラダは細かくカットされたレタス、オニオン、トマトといったベジタ団。

これらもバーガーに挟んじゃってサー、レリッシュと自家製マヨネヘズも押し込んじゃうとだネー、バーガーはちょっとした野菜満載のベジタ地球号と名前を変えるのだよチミィ~。

お店の中ほどの壁に掛けられたフェンスにはアメリカンバスケットボールチームのロゴカード!。

NBAで優勝回数が最も多いのはロサンゼルスのレイカーズとボストンのセルティックス。

現在、両チームは優勝回数で同首位。共に17回を誇リュけどココにはセルティックスのがニャあ!(ド泣)。

マ、レジェンドのマイケルジョーダンを擁したブルズのもニャいから、いっか。

ハンバーガーとコークのプレートが仲間入りしてッとこがポイントだネ~。ナニゲにセンスあり~。

▲3143バーガー

1780yen + パイナップル120yen

〈フライドポテト、サラダ、BBQソース付き。野菜ジュースは飲み放題〉

わずかばかりの冷却期間をもうけ、再び当店に2度目の奇襲攻撃をかけたワタクシ!。目的はただひとチュ、野菜ジュース!。

バーガーは二の次、ひたすらに野菜ジウスーッ!!!。

それは盛夏早朝、縁側に置かれたスイカにカブトムシらが群れ集う光景にも似て!。

バーガーの傍らには、コーラでもジンジャーエールでも、ましてやビールですらない緑色の野菜ジュース!。全くそぐわないコレのために再来店したというのキャ?!。

ウチョッ。ウチョだと云って~ん。

今回はボクちゃま有する従来のスタイルに戻り、甘ジョッパ系でパティ+パイナポーに!。

スイカに塩、ピッツァのクワトロフォルマッジに蜂蜜、というよーに、ビーフパティにゃパイナップルがお約束だべぇーよ。

ところで、この茶色いスープみたいなのは何キャ?。

銀髪女子は「BBQソースでアジヘンを楽しめ~」って云ってたけどサー、スプーンでひとくちすくったならだヨー、シャバシャバの薄薄、冷製スープかとも思いきや、違フ。

例えるなら、トマトソースをメッチャンコリンと薄めてBBQソ-スを数滴たらしたよーな摩訶不思議な液体!。

試しにフライドポテトに付けて食べてみたんだけど味はほとんど感じられず。冷や汗を流しながらジリジリと後退を余儀なくされる予感、いまだ健在か。

とっころが、今回のパターンは通常の甘ジョッパ系バーガー味とはひと味違ったジェ。

パティの上には自家製ミートソースがたっぷり塗りあげられているんだからねェ~。

このミートソース、よくあるパスタのソレとは全然違ってて独自の味覚だヨ!。ひとことで言えばトマトのテイストだけを引き算した感じ。それするだけでミートソースの趣って一変しちゃうものなんだニャ!。

マ、結論として、ソレはパティとパイナップルを無駄死にさせることなく命の讃歌をデュオさせる方向で調整されたと云ってよい。

うみゃあ~♪。

液体状のテリヤキソースなどと違って、ミートソースは煮詰められた具材食感の濃厚ソースだからニェ。パイナップルの果肉にからむ感覚は有酸素運動後のさわやかさにも通ずるものありだべぇ~!。

だがしかし、コトはそう簡単に収まり切れなかったことを白状せねば。

サラダだがやー。このサラダの存在をどう扱うか。

バーガーだけを頬張り、時折サラダをつまむのか?。自問自答は約30秒にも及び、結局はこの始末。

前回来店時、バーガーに野菜を乗せる段になって初めて気が付いたこと、それはサラダに乗った白い塊の正体がマヨネーズソースだったということラー!。当初ソレは火が通り過ぎた目玉焼きの縮み塊としてアイキャッチされていたのー。

でもマヨソースだったからネー、ミートソースにマヨソース、そんでもってソレにパイナップル、オマケにパティ。

そんなお祭り騒ぎで美味なるバーガーが桃源郷に行きつけるもんなんだろーかー…。

このお店のオーナーしゃんは激しくおしゃべりなお方。そして、とってもなファンキーなお方でもあリュ。

そして、食材を焼き過ぎることを得意だともしていリュ~。チマタに散見されリュこんがりガリガリ大好き焦げ太郎の一員といってよいだろー。

そんな香ばしいバンズの上に香ばしいパティ。その上にミートソース、更にその上に野菜とマヨソース。

仕上げに焼きが厳重なるクラウン(バンズの上部分)お帽子をかぶせる。すると?…。

まっ、まるで

「ボクは小学一年生。今日は入学式の晴れ舞台っ!」的な様相を呈してヒるッ!。

見た目、おッ、お子様風ハンバーガーという塩梅になり果ててしまった感あり!(爆)。

話を野菜ジュースに戻すべ。

薄めの緑茶に見えるソレ。ソイツ。

ボキュは野菜ジュースが苦手なマン。青汁などもってのほか。どんなに身体に良かろーが飲むくらいなら阿波踊りしながらドジョウすくいする方が全然マシっていうよーなMAN。

ところが初来店時、ひとくちだけ口に含んで即座に驚いた!。

うみゃああああああああーッ!!!。

ソイツを再度味わいたくって今回再来店するほどだって云ったら、信じてくださいますか。私の愛を感じてくださいますか?。

誰に話してんだよ今。アア?。

マ、とにかくメッチャさわやかで程よい甘さ!。野菜の臭みもゼロ!。身体に染み入り脳も五体も発狂せんばかりに大喜びしているのを94%あまり感じ取れたし、恥じらいもなく即座におかわり!。またおかわりで合計5杯の金字塔!。

もっと飲めたけどポンポン満タンになっちゃったからー、残念無念!!!。

「ジュースの内容は?!」とオーナーに食い下がるボクちゃん!。オーナーは尋問を受けるまでもなく、なめらか~に内容を白状したのだった!。

「加糖は全く使ってニャいッ。野菜とフルーツの甘さだけだべ!。身体によい物だけを一緒くたにしてジュースにしても、マズ過ぎて人間が飲めたシロモノにはならニャいッ。アレコレ考えバナナ足してみたり配合を試行錯誤したりして、この味にやっと到達したんニャ!!!(ド泣)」

キャベツ、レタス、ブロッコリー、みかん、リンゴ、パイン、バナナ

これが内容物。問題は、なにゆえ経費のかかる野菜ジュースをわざわざ制作し、おまけにソレを無料で底抜け提供するのかってコト。

さすがに理由を追求することはハバカラレー、ハバナのカレーだった。おそらく、推測するにオーナーのマゴコロなのだろホね。

とかく身体に良くないと云われるバーガー。浴びるよーに野菜を飲むことで本日もまた健康を維持できるよーにとネ。

「なんてステキなお店なんズァーッ!」

そう絶叫したのはボクちゃんではなくプレハブ住宅中2階にたむろすチロル帽かぶったチンパンズィ軍団なのであった。

フカリンコでバフバフなバンズ。

これって393バーガーのお隣にあるトロパンのを使用してるんだってネー。

トロパン・トウキョウは百名店。豆腐で作った食パンだとかも有名。住所は3-14-3だから『3143ベーカリー』ともいえるんだニャー。

マ、ハンバーガーにうってつけ、パティを邪魔せず意識しないでパクパク食べられるバンズ。大変美味しゅうござヒましただヨ。

「帰ンの?。バイバ~イまた来なよー」とサンドイッチマンならぬバーガーマン!。

オーナーいわく、描き手はたった30分でコレを仕上げたのだそー。力強いストローク、どの線も活き活き走っててダイナミックだニャー!。

ボクちゃん的には、目の部分の♓がホロスコープの魚座のサインに見えるジョえ。ボクちゃんたら魚座だから~。